2011年8月26日金曜日

小館の追分石

さて、旅行中に行ったところの調べものがなかなか進まないので、今日は小館の追分石のことでも書いておいてお茶を濁しとこう。

小館の追分石は、入内川にかかる小館橋という橋のすぐ近くにあります。


一枚目の写真、左側の鳥居の後ろにある石は庚申塚で、右側の石が小館の追分石です。
追分石の表には、

 ☞
左 右
山 入
道 内

と、書かれております。

矢印のマーク「☞」が『20世紀少年』で有名になった少年サンデーのあれに似ているので、そんなに古いものじゃないだろうと思っていましたが、はたして明治三十四年に村中で建立されたものでした。

追分石にある「山道」とは、大矢清治編著『-青森市高田-ふるさとの歴史を歩く』によれば、藩政時代の主要街道であった大豆坂道以前に使われていた、中山街道と呼ばれた道だということです。

0 件のコメント: