2011年11月15日火曜日

弘前城菊と紅葉まつり(3)

菊人形ゾーンを見終わって、そろそろ弘前城の本丸の方でも見に行こうかなと思いつつ歩いていると、前方より歓声のようなものが聞こえてまいりました。
声の方を見てみると、なにやら人だかりができており、その中央にはテレビや新聞で見たことのあるあの人が。


このうしろ姿は…


キャァァァァ! たか丸くんたか丸くん!!
ほほほ本物だ、生のたか丸くんだ。なま丸くんだ。
ああなんてかわいらしい。
そそそそうだ、握手してください。わたしファンなんです。
あ、写真もお願いします。すみませんすみません。


実際のわたしはいたって冷静でしたが、今年中に一回はたか丸くんに会っておきたかったので、出会えてとてもうれしかったです。
菊と紅葉まつり期間中は毎日弘前公園内にいるらしいと聞いていましたが、会場でたか丸くんに出会えなかった時のことを想定して、念のために弘前市立観光館のところにあるたか丸くん像も撮っておいたんですけどね。


たか丸くんは弘前城築城400年祭に合わせて制作され…、誕生したキャラクターで、400年祭が終わる年末以降の活動は白紙とされておりましたが、来年以降も弘前市のマスコットとして活動することが決まったという記事が11月10日付の東奥日報朝刊に出ていました。
まずはおめでたいことです。たか丸くんかわいいからな。

写真を撮らせてもらって、お礼を言うと、たか丸くんは去っていきました。
余談ですが、たか丸くんは歩いている時のケツの動きがプリプリしていてかわいいので、今後もしたか丸くんに出会うことがあるならば、うしろの方に回って尻を凝視してみるといいと思います。

たか丸くんにも会えて、もうこれで思い残すことはないなと思い、会場を出ようと思ったら、中濠に面した辰巳櫓のところにも菊人形がありました。


桜はもう半分ほど落葉していましたが、モミジはまだまだきれいです。
あいかわらず菊人形の意味はよくわからないままですが、風情としては悪くないなと思いました。

午後一時半頃だったでしょうか。
メインステージでは三味線の演奏が始まりました。
まあ、いろいろ回りたいところがあったので、ちゃんと聴きませんでしたが。


さ、これでもう本当に会場を出ようと思ったら、またしてもたか丸くんに遭遇。


たか丸くんは、道行く人や出店の人たちにあいさつをして回っていました。
気さくで礼儀正しいよい子です。

0 件のコメント: