2011年12月1日木曜日

浅虫森林公園 中編

温泉街に向かう道を少し行くと、なんだか妙なものが見えてきました。


木彫りの彫刻みたいなものが空き地にあるのです。
なんの説明もありませんでしたが、たぶんここは観光案内図に載っている彫刻公園というところのようでした。

まあまあ。
そんなに見るものもなかったですけども。

というわけで、再び歩き出すと、また分岐点に出ました。
ここの分岐点も、温泉街に行く道と水族館の裏手の山に入る道です。
11月というと日暮れも早く、ここで山の方に行くと遠回りになるので暗くなってしまうかもしれず、はてさて温泉街の方に行くべきか否か、などと歩きながら逡巡しているうちに、足は自然と山の方に向いていました。
ちょっと第一展望台というところに行ってみたかったからでしょう。

さて、分岐点から山の方に入り、15分ほど歩くと、


まさかの通行止め。
あはは、そんなまさか。せっかく歩いたのに。


と思ったら、ちゃんと横に道がついていました。


通行止めになっている橋を横から見たら、たしかに朽ちていてちょっと危ないのです。

ここからさらに10分ほど行くと、


なにやら徐々に高度が増してきて、展望台っぽい気配というか、眺望が良さそうなところに出る雰囲気がムンムンしてまいりました。

0 件のコメント: