2012年2月15日水曜日

浅草寺再訪(2)

駒形堂、鎮護堂などを見たあとは、境内の諸堂を見て回りました。
諸堂の配置については、昨日に引き続きこちらのマップをご参照ください。



こちらは本堂の東南(マップだと右下)に位置する弁天堂。



こちらの弁天様は白髪であるため「老女弁財天」と呼ばれているそうです。
「江の島」(神奈川県藤沢市)、「布施」(千葉県柏市)とともに、関東三弁天の一つに数えられているとのこと。
ご縁日の「巳の日」に御開帳し、法楽が営まれるそうなので、その日であれば御尊顔を拝謁できるかもしれません。



弁天堂の参道にいた狛犬の年代・作者は調べ忘れました。

弁天堂の境内には鐘楼もあります。



この鐘は、元禄五年(1692)に五代将軍綱吉の命により下総国関宿藩主牧野成貞が金二百両を寄進、改鋳されたものだそうです。
江戸町人に時間を知らせていたいわゆる「時の鐘」の一つで、松尾芭蕉の「花の雲 鐘は上野か 浅草か」の句でも知られています。
鐘楼は昭和二十年の空襲で焼失し、現在のものは同二十五年に再建されたものですが、鐘は無事に残り、今でも毎朝六時に鳴らされているそうです。

こちらは国の重要文化財の二天門です。
これは去年行った時に見忘れたので、次に行った時は必ず見ておこうと思っていたものです。



二天門は元和四年(1618)、東照宮を浅草寺境内に勧請した際に建てられたもので、本来は浅草東照宮の随身門だったそうです。
門にははじめ、豊岩間戸命・櫛岩間戸命の二神を祀り、「矢大神門」と呼ばれたそうですが、明治の神仏分離をうけてこれを廃し、かわりに鎌倉鶴岡八幡宮の経蔵にあった二天(増長天・持国天)を奉安し「二天門」と改称しました。
最初の二天像は戦時中に修理先で焼失、現在の二天像は上野寛永寺の巌有院(第四代将軍徳川家綱)の霊廟より拝領したものだといわれています。



二天門は創建以来、たびたび焼失の危機にさらされましたが、炎上を免れ、修理・補修などを加えながら現在に至ります。

こちらはお水舎にある、龍神像(沙竭羅龍王像)です。
かつて本堂裏にあった噴水に安置されていたもので、高村光雲作と伝えられています。



このお水舎の天井画も東韻光作の「墨絵の龍」というものらしい。
撮り忘れましたが、見てきたのでまあいいです。
旅というのはきっと、思い出と少しの後悔を残すものなのでしょう。

0 件のコメント: