2012年2月13日月曜日

2012年 節分

Perfumeのライブに行ってきました。でへへへ。
そのついでにいろいろと用事を済ませ、神社仏閣などを巡り、写真もたくさん撮ってきましたが、撮りすぎて整理ができていないので、とりあえず今日は増上寺と芝大神宮の節分に行った写真でも載せておこうと思います。

増上寺の豆まきに行ったのは、規模が大きいと聞いていたから。
ただそれだけです。
しかし、青森にいたのでは、こういう大規模なイベントにはなかなか遭遇する機会もないので、行ってみることにしたのです。

しかしながら、増上寺の公式ホームページには豆まきの開始時間が載っておらず、何時に行けばいいのかがわかりませんでした。
わたしはいいかげんな人間なので、とりあえず一時ぐらいに行けばいいんじゃないかと適当に判断し、一時ちょっと前に着くように行ったら、どうも豆まきは昼の十二時から始まっていたらしく、あやうく終わってしまうところでした。
が、たぶん10分か15分間隔ぐらいで数回豆まきを行っていたみたいなので、最期の部にはなんとか間に合うことができました。


増上寺の豆まきには、毎年芸能人や文化人やスポーツ選手の方々が参加しているそうですが、わたしが確認できたのは、ヨネスケさんと元大関栃東の玉ノ井親方ぐらいでした。現役の頃の栃東好きだったわ。

そして豆は拾えませんでした。
わたしがもっと貪欲になれば、たぶん取れたと思います。

さて、着いて早々に豆まきが終わってしまったので、増上寺から少し歩いて芝大神宮に向かいました。
ここへは節分の日に来る予定ではありませんでしたが、旅の途中で行くつもりだった場所なので、近くまで来たついでに行くことにしたのです。

この神社でも何か節分のイベント的なものがある様子でした。
お参りを済ませて境内をぶらぶらしていると、二時から何かあるらしいというのが風の噂で聞こえてきました。
どうやら猿田彦か何かが町を練り歩くみたいです。


二時になり、境内で待機していた氏子の方々が待機場所へ向かいました。
そして、半鐘が打ち鳴らされ、行列がスタートします。
行列のスタート地点が、わたしがあらかじめ考えていた場所と全然違ったので少々焦りましたが、まあそれはいいです。


行列の構成は、先導の宮司さん・太鼓・氏子・猿田彦(天狗さん)・氏子・宮司さんと巫女さん(?)・氏子・氏子・氏子、みたいな感じでした。
この神社は、め組の喧嘩で有名な神社なんですが(前出の半鐘もその時のもの)、太鼓の周囲にいる氏子だけ「め組」の袢纏で、ほかの人とは少し格が違うのかしらんと思いました。

写真を撮るために、何回も行列が行くであろう方向に先回りしていたら、後列の氏子さんに小袋に入った豆を三回もらいました。それぞれ別の人に。
わたしは大豆をそのまま食べるのがあんまり好きではないので、実家に持ち帰ってみたところ、家族が「うまいうまい」と言って豆を食べるもので、わたしもつられて何粒か食べてしまいました。
昔、節分の日に小学校の給食に出た大豆に比べると、美味でした。
たしか「但馬屋」という店の豆だったでしょうか。


行列が終わったあとは、境内で景品みたいなものを配っていました。
希望者は事前に申し込んで、いくらか代金を払っていたようです。
昔はこれをばら撒いていたそうですが、今は安全上の問題とかで、こういう形式になったみたいです。

節分についてはこんな感じです。
増上寺、芝大神宮の由緒等については、また後ほど書こうと思います。

0 件のコメント: