2012年3月1日木曜日

教学院(目青不動)

松陰神社を見たあとは、東急世田谷線の線路沿いを歩いて三軒茶屋まで行くことにしました。
世田谷線は、三軒茶屋-下高井戸までの路線総延長が5㎞ほどなので、その気になったら全区間歩けるぐらいの距離なのです。

途中、昭和っぽい風情の銭湯にでくわしたり、


世田谷線を温かいまなざしで見送ったり、


車一台しか通れないような狭い路地を通ったりしながら、のんびり歩いていきます。


まもなく、キャロットタワーが見えてきました。
路地の奥に見える茶色い高層ビルがそれです。
キャロットタワーは青森でいうところのアスパムみたいなもので、それにアウガの機能を足したようなものでしょうか。
これが見えてきたら三軒茶屋はすぐそこです。

キャロットタワーを目標にしながら、細く、入り組んだ路地を歩いておりますと、ふいに寺院の入口が目に入ってまいりました。


門前の案内板を見るに、この寺院は天台宗に属する竹園山最勝寺教学院というお寺で、慶長九年(1604)に玄応和尚という人が創建したのだそうです。
はじめ、江戸城内紅葉山に建てられ、青山に移転したのち、明治四十一年(1908)に当地に移されたとのこと。


本堂の御本尊は恵心僧都の作といわれる阿弥陀如来。
不動堂の本尊である目青不動(慈覚大師作といわれている)は東都五色不動の一つとして知られているということでした。
個人的には、なんだか適当に歩いているうちに、それなりに由緒のありそうなところに来ちゃったな、という感じですが、こうした偶然の出会いこそが散歩の醍醐味というものでしょう。

あとで五色不動について調べてみましたが、五色不動とは陰陽五行説に基づく五方角にちなんだお不動様を祀る、目青(天台宗教学院)・目白(真言宗豊山派金乗寺)・目赤(天台宗南谷寺)・目黒(天台宗瀧泉寺、目黒不動尊)・目黄(天台宗永久寺または天台宗最勝寺)の不動尊をさすのだそうです。
その由来については詳らかではありませんが、もともとあった目白・目黒のお不動様に、陰陽五行説などの思想が付会されて、のちに五色のお不動様がどうのこうの、という話になったみたいです。

ちなみに、目青とか目赤とか言っていますが、色はあくまでも方角を表すもので、実際にお不動様の目に色がついているわけではないのだとか。
お不動様は秘仏らしいので、確認することはできませんが。
そのかわりというわけでもないでしょうが、木鼻の獅子と象の彫刻の目がちょっと青っぽかったです。


珍しいものだと思いました。
二月の東京の旅では目黒不動尊にも参詣する予定だったので、ここに来たのも何かのご縁だったのかもしれないな、と今では思います。

0 件のコメント: