2012年3月6日火曜日

箱根旅行二日目①

箱根旅行二日目。
この日は朝から箱根駅伝の応援に行きました。


芦之湯のあたりは国道一号線最高地点からほんの少し下ったところ。
東洋大を先頭に、学生さんたちがすぐ近くをビュンビュン通り過ぎていきます。
おかげでうまく撮れませんでした。てへぺろ。

駅伝を見て、いったん宿に戻り、朝食をとります。
我々が泊まったのは、芦之湯にある旅館の中でも特に由緒のある旅館で、夕食もそうだったんですが、朝食も非常に豪華でボリューミーでした。
正月だからといって御神酒まで出て、胃がびっくりした事この上ない。
この宿には都合二日泊まりましたが、二日間で腹回りもだいぶボリューミーになった気がします。

さて、この日の予定は、箱根神社と箱根関所を見ることだけは決まっていましたが、そのあとは適当にやろうということになっていました。
計画らしきものは一応あるのですが、そこらへんはわりと自由なのです。
この日はとりあえず、宿から近い箱根神社を先に見ることにしました。


正月と駅伝が重なる観光シーズンのまっただ中ということで、箱根神社には非常に多くの人出がありました。
あと、『箱根八里』の歌詞に「昼猶闇き杉の並木」というのがありますが、本当に箱根は杉が多かったです。苔も滑らかです。


まずはじめにお参りをします。
わたしはすでに元日に地元の産土様で初詣を済ませていましたが、姉と妹はこれが初詣だったようです。
参詣人の長い行列ができており、拝殿に着くまで30分ほどかかりました。

そのあとは思うさま写真を、といきたいところでしたが、そこは団体行動の辛さで、写真を撮る時間がそんなにありませんでした。
母とわたしは神社仏閣好きですが、残りの三名は神社仏閣にそんなに興味がなかったようです。

結局、滞在時間は一時間ちょっとぐらいだったでしょうか。
このあと歩いて箱根関所に向かいました。(「箱根神社二日目②」につづく)

※次回は箱根神社の由緒等についてです。

0 件のコメント: