2013年1月13日日曜日

水天宮(中央区)の狛犬

水天宮にはブロンズ製の狛犬が一対あります。


建立年は昭和四十二年五月吉日。
津田永壽謹作とありました。


右の阿形は雄で玉取り、左の吽形は雌で子取りとなっています。
雌雄はそれぞれの股間を見ることで判断することができます。

ちなみに当社の鳥居の前には、これまたブロンズ製(たぶん)の燈籠が二座ありますが、


その台座部分の龍の装飾も阿吽になっていました。


金網でギチギチに保護されており、一円ぐらいならなんとかねじ込む余地がありそうでしたが、その上で、よくもまあ阿形の口の中にお金を放り込めたもんだなと感心しました。

0 件のコメント: