2013年1月31日木曜日

奥沢神社(世田谷区)

今年は巳年なので、年末年始に東京に行った際に、蛇っぽいものがある神社に行こうと思い、行ってみた神社の一つがこの奥沢神社です。
が、ひとまず蛇は置いておいて、今日は当神社の由緒からご紹介していきましょう。

奥澤神社の創建年代は室町時代。
世田谷城主吉良氏の家臣、大平氏が当地に城(奥沢城)を築くにあたり、守護神として八幡さまを勧請したことにはじまると伝えられています。
御祭神は譽田別尊、倉稲魂命の二神で、元は奥澤八幡と称したそうです。


狛犬は一対。
台座には「昭和三十七壬寅年十月吉日」の文字と、「奥沢開発三百年記念」の文字がみえました。
護国系のがっしりした狛犬です。


あと、社務所の近くにも狛犬がいたのですが、吽形が見つかりません。


昔はこれと、この方の相方も参道に鎮座していたものでしょうか。

0 件のコメント: