2013年4月23日火曜日

宇都宮散策③旭町の大いちょう・松が峰教会ほか

NTT宇都宮放送局や宇都宮中央郵便局がある通りを「いちょう通り」といいますが、それは宇都宮市役所の北側にある道路といちょう通りがぶつかる交差点の一角に、大きなイチョウの木が立っているからであります。


この木は「旭町の大いちょう」と称し、推定樹齢約400年、樹高約33m。
木がある場所は少し高くなっていますが、これは宇都宮城三の丸と百間堀の境界を成す土塁の跡で、現存する宇都宮城の遺構のひとつだそうです。
昭和二十年のアメリカ軍の空襲により、中心市街地と共にこの大イチョウも被害を受けましたが、終戦の翌春、真っ黒に焦げたイチョウから新芽が芽吹き、その姿が戦災でうちひしがれた人々に大きな希望を与えたといわれています。
以来、戦後復興のシンボルとして人々に愛され、親しまれてきました。
宇都宮市指定天然記念物(指定年月日:1957年10月4日)。
また「とちぎの名木百選」にも選ばれています。

この大イチョウのすぐ近くには、松が峰教会というカトリックの教会があります。


松が峰教会は明治二十一年(1888)、パリ外国宣教会のカジャック神父によって「宇都宮天主公教会」として創立されたと伝えられています。
創立当初は宇都宮市川向町にありましたが、明治二十八年に現在地に移転。
その後、昭和七年(1932)にスイス人建築家のマックス・ヒンデル(函館のトラピスチヌ修道院の設計なども務めた)による設計の大聖堂が建立されました。
大聖堂には用材として宇都宮市大谷町産出の大谷石(おおやいし)が用いられており、同聖堂は大谷石を用いた建築としては国内最大級であるとのこと。
建物は国の有形文化財に指定されているほか、宇都宮市の「まちなみ景観大賞」・「うつのみや百景」・「大谷石百選」などにも選定されています。

松が峰教会の近くには東武宇都宮駅があり、駅前から宇都宮PARCOの付近までは、「オリオン通り」というアーケード街が続いています。
ここは仙台でいうところの中央通りとか、沖縄の市場通りのようなもので、宇都宮市の中心商店街のひとつであります。
余談ですが、わたしが餃子手ぬぐいを買ったのも、この通りにあった「宮カフェ」という宇都宮のアンテナショップでありました。
松が峰教会を見学したあと、そのオリオン通りをPARCO方面に向かいぶらぶらと歩いておりますと、途中、青森でいうところのパサージュ広場のような広場があり、そこで何やらイベントをしているのが目に入りました。

イベント会場にいたのは、栃木県のマスコットキャラクター「とちまるくん」です。


とちまるくんのオフィシャルホームページによれば、プロフィールはこうです。

プロフィール
なまえ 栃木県元気ニコニコ係リーダー「とちまるくん」
うまれたところ 栃木県庁前のトチノキ
たんじょうび 11月11日
せいかく ちょっとやんちゃな頑張り屋さん
とくいなこと とちまるくん体操、かけっこ
とくいわざ 3T(とちまるくんテレポーテーション(Tochimarukun eleportation))
※3Tとは瞬間移動ができるとちまるくんのとくいわざのこと
なかま 「とちキャラーズ」のみんな
ゆめ 栃木県の「元気」と「ニコニコ」で全国のお友だちを笑顔にすること

経歴としては、2009年12月11日に「スポレク“エコとちぎ”2011」のマスコットキャラクターとして誕生し、その後2011年11月8日に「栃木県元気ニコニコ係リーダー」に就任、栃木県のマスコットキャラクターになったということです。
元がスポレクのマスコットということを考えれば、彼のスポーティーな格好も、体操・かけっこが得意というプロフィールにも合点がいきます。
とちまるくんテレポーテーションに関してはよくわかりませんが。

とちまるくんはいわゆる「ゆるキャラ」のひとりですが、正直な話、ゆるキャラというのももう飽和状態でしょう。
なんでもそうですが、ものが増え過ぎると、希少価値が薄れてありがたみがなくなっていくものなので、ゆるキャラやらナントカ百景やらモンドセレクションみたいなものは、そうやたらめったらと増やすものではない。
わたしはつねづねそう思っていたのです。

しかし、せっかくなので、写真を撮らせてもらうことにしました。
そしたらとちまるくんは…


ほかにも写真を待っている人がいるというのに、こっちが「もういいよ」と言うまでずっとこっちを向いて、この体勢をキープしてくれたのです(´;ω;`)ブワッ
とちまるくんはいい子じゃ。優しい子じゃ(´;ω;`)ブワッ

という具合に、簡単に丸め込まれてしまったわたくしは、ゆるキャラの乱立に否定的な立場をとりながらも、とちまるくんの存在は認めることにしました。


ありがとう、とちまるくん。
おかげで栃木のことが好きになりました。
これからも末永く応援してます。

0 件のコメント: