2013年5月9日木曜日

合浦公園・堤川沿いの桜

今日、通りすがりに合浦公園と堤川の桜を撮ってきました。


今年は春が遅いな、桜はまだかな、などと考えていたら、いつの間にか葉が出てきてしまったので、もしかしてもう散ってしまったのかしらとも思いましたが、桜の木の下には花びらがほとんど落ちていません。
あとで家に帰り、夕方のニュースを見ていると、今日で青森市は満開だとか。
桜が散る前に葉が出てきてしまう現象は、弘前公園でも目撃しましたが、後日、新聞で今年は鳥害により花の数が少ないらしいということを知りました。
気候のせいもあるかもしれませんが、青森市でもそれと同様のことが起きているのかもしれません。

しかし、あれで満開だったのかと思うと、どうにも寂しい。
参考に、上の写真とはちょっと場所が違いますが、去年の合浦公園と堤川の桜の写真を載せます。


ぜんぜん違う。

ぜんぜん違う(震え声)。

そういえば、今年は低温のせいか、梅と桜の開花時期が逆転するという現象がみられたそうですが、梅やその他の花ではどうでしょうか。
花が咲いていないのだったら、もうこれ以上桜を見に行く必要はないなと思いましたが、いちおう確認のために出かけてみます。

0 件のコメント: