2013年8月3日土曜日

盛美園④盛美神社

ところで、「行の築山」の入口付近に鳥居があるのが見えると思いますが、


この築山の上に、盛美神社という小さな神社があります。
小さいけれども、これでも神社本庁に属する立派な神社なのであります。


御祭神は倉稲魂命・大山祇神・田道命・庭津日神・庭高津日神。
例祭日は八月十五日となっています。

伝えるところによると、盛美神社の前身は津軽藤崎の鶉ケ池のほとりに祀っていた倉稲魂神(稲荷神)で、のちに清藤家の祖先にあたる者が、これを庭先のケヤキの木の傍に祀ったことにはじまるといわれています。
その後、猿賀神社の境内社であった一王子神社の御祭神大山祇神を合祀、さらに猿賀神社の主祭神である上毛野君田道命を合祀しました。
明治時代に至り、 清藤家二十四代清藤盛美が邸内庭園の一部(現在地)を浄めて奉遷し、さらに庭津日神、庭高津日神を配祀して、小祠を建立しました。
そうして今日に至っています。

盛美園の一画、庭園入ってすぐの右手あたりには、かつて盛美神社がその傍らに祀られていたと思われる、大きなケヤキの木がありました。


といっても、この写真では大きさがあまり伝わらないでしょうか。
推定樹齢400年といわれている、ケヤキの巨樹です。
ケヤキは大きくなるので、個人的には好きな木です。

0 件のコメント: