2013年9月30日月曜日

かかしロード280 2013年

今年も稲刈りのシーズンがやってきました。
油川・奥内・後潟を中心とする外ヶ浜地区では今年も「かかしロード280」が開催され、国道280号線バイパス沿いに計280体のかかしが立ち並びました。
この催しは今年で七回目を数え、本日9月30日を以て会期を終えています。

わたしは二年ほど前からこのイベントを見学してきましたが、正直なところ、かかしが展示されている広大な範囲の地域に比して、かかしの展示数はそんなに多くないので、今年は見なくてもいいかなと思っていました。
でも見に行ってしまったのです。天気がよかったのでついつい。
しかし、去年は自転車で蓬田村の辺りまで行ったけれども、今年は面倒くさくなったので、西田沢まで行ったら引き返そうと思っていました。

かかしロード280のスタート地点は、羽白にあるJA青森本店の辺りです。
ここに、さっそく何体かのかかしがいました。


まあ、あれです。かかしに政治的なメッセージが書かれたボードを持たせているのを見ていきなりげんなりしたのですが、まあそれはそれでいいです。

JA青森本店の近くには、この催しのシンボルともいえる大かかしもありました。


大かかしのモデルには、毎年、その年に活躍した人が選ばれており、昨年はレスリングの伊調馨さん、一昨年はサッカー女子の澤穂希さんがモデルでした。
で、今年は登山家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(弘前市出身)です。
三浦さんが今年の五月に世界最高齢となる80歳でエベレスト登頂に成功したのは皆さんの記憶にも新しいことと思いますが、これは本当に偉業といって過言ではなく、この人選はおおいに納得がいくものであります。
それにしても、三浦さんは体も丈夫で髪の毛もふさふさで羨ましいなと思う今日この頃なのでありました。

JA青森本店からさらに280号線を行くと、まもなく野木和公園に至る道と交差しますが、この辺りにもかかしが数体置かれていました。


一番下のは「奇跡のリンゴ」がモデルでしょうか。
毎年、この町会は気合の入ったかかしを制作しています。

そして、そこからさらに行った生協はまなす館の近くのかかしです。


オリ●ンタルラ●ドから刺客が来そうなかかしも。


そして、こちらが西田沢の八幡宮の近くにあるかかしです。


貞子が茶髪でパーマでしたが、気にしないようにしましょう。


かかしの題材には例えば、デ●ズニーのミ●キーなどのように世代を越えて愛されているものもありますが、時事ネタが盛り込まれたものも多くあり、それによって津軽人のその年のおおかまな流行をうかがい知ることができます。
ネタが古いと感じるものも中にはありますが、それは新語・流行語大賞に選ばれたワードに多少の違和感を感じるのと同じような現象だと思います。

ざっと見た感じだと、レディー・ガガさんは今年で消えました。
マツコ・デラックスさんはまだまだ健在です。
スギちゃんですら、津軽ではまだ健在のようでした。
東京で仕事を干されたら、地方で仕事をすればいいよと思いました。

今年わたしが見たかかしは以上です。
全体の感想としては、なんとなく去年よりも薄味だったように思いました。
それは、単にわたしのモチベーションが低かったからそう感じただけでしょうか。
わかりませんが、来年のかかしに期待しておきたいと思います。

0 件のコメント: