2014年5月18日日曜日

折曽のイチョウ

関の甕杉がある場所からほんの数百メートル離れた場所に、折曽のイチョウという、これまた大きなイチョウの木がありました。


折曽のイチョウというのは、古地名の折曽関にちなんだものでしょうか。
非常に立派な木ですが、ほんの数年前まではほとんど見向きもされない存在だったようで、今もこの木は深浦町の巨樹・古木指定一覧のリストには記載があるけれども、町の文化財などにはとくに指定されていないようでした。
樹齢不明、来歴不明。樹高約20mで幹囲は12mほどだということです。

0 件のコメント: